しろく日記

小さなことをつらつらと

俳句紹介   34 河東碧梧桐 

こんにちは👋😃 しろく です❕

今日は、秋の七草の一つで、

頭文字が  のものを紹介します❗

どんな草か、分かりましたか❔

こたえは、

芒(すすき)です❕

秋の七草とは、萩、

尾花(おばな=すすき)、

葛(くず)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)

女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじはかま)

です❕


では、一句紹介します🎵


この道の富士になり行く芒かな
           河東碧梧桐


富士山の裾野には、一面すすきが生えている。この道を今、歩いている。


上五(初めの5音)の中の、この

とてもいいですよね✨

歩いていることの臨場感が、

伝わってきます😊


河東碧梧桐(かわひがし へきごとう

1873-1937)は、正岡子規(1867-1902)に

師事しますが、

子規の没後、新傾向俳句を展開します。

正岡子規は、定型(17音、季語を入れる)

を大事にし、自然を詠んだのに対し、

新傾向俳句では、定型を破り

心理的、実感的なものを詠みました。

この俳句は、新傾向俳句に

転じる前のものです❕


ではでは👋

#俳句
#河東碧梧桐
#新傾向俳句